やっぱりPtagoniaが好き。2011年の購入したジャケットを修理した話

  • URLをコピーしました!
とっちゃん

こんにちは、とっちゃんです。

私はクライミングや登山といったアウトドア好きなのですが、今回、私が10年以上着用して愛してやまないPatagoniaのジャケットを修理したお話、そして私がPatagoniaを愛する理由ブログにしました。

興味ある方はぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

目次

2011年に購入したSuper Pluma Jacket

私が2011年の新入社員の頃に登山を始めたいと思い、形から入るタイプの私は、Patagoniaの直営店で見つけたこの鮮やかな緑のSuper Pluma Jacketを購入しました。

このジャケットはGORE-TEXの中でもハイエンドなGORE-TEX PROを使用しており、最高峰の防水性能を誇りながらも軽量性を兼ね備えています。

当時、確か8万円ほどした記憶があります。完全に背伸びして購入しました。とはいえ、このジャケットはめちゃくちゃ愛用しており、本格的にやっていた登山はもちろんのこと、街着としても重宝していました。

ですが、2021年の秋に右ポケットのジップが壊れてしまいました。10年着用したので退役も考えたのですが、名残惜しく、Patagoniaの直営店へ修理の相談に持っていきました。修理前の写真を取り忘れて写真がないことご了承ください・・・。

Patagonia正規店へジップの修理の相談へ

会社の近くにPatagoniaの直営店があるので、実際にジャケットを持っていき、右ポケットの修理が可能かを相談しにいきました。

まず、スタッフさんの第一声は「これはSuper Plumaですね!色違いを持っています。長いこと愛用していただいてありがとうございます。」という言葉でした。非常にうれしく思いました。

その場で修理センターに問い合わせて頂いたのですが、「修理可否は実物を見てみないとわからない。」ということでしたので、Patagoniaに預けることとしました。

後日、修理センターからメールがあり、「税込 2,640円で修理が可能。ただし、廃番となっている製品、カラーなので似たジップ、生地を調達して修理するので納期はかかる」ということでした。まだまだ着用したかったので迷わず、修理を依頼することにしました。

修理から戻ってきたSuper Pluma Jacket

11月にPatagoniaに預けて約2か月後の22年1月に修理完了の連絡がありました。廃番となっている製品なので、Patagoniaの正規店へ修理品を取りに行きました。

実際の修理してもらった右ポケットの画像は以下です。

完璧に直っています。ジップの色も周囲の生地とマッチしており、違和感なし。むしろジップがスライドしやすくなっており、バージョンアップしているように思います。これからもこのジャケットは着続けようと思います。おまけでPatagoniaに修理依頼した人にだけ配られるステッカーも頂きました。

こういった服のリサイクルやリユース、リペアに企業として力を入れている点も、Patagoniaを好きな理由の1つです。

新たに購入したPatagoniaの黒ニット帽

在宅勤務で髪型のセットが面倒くさい時や、寒い冬に子供と外で遊ぶときに被るニット帽が欲しいと思っていたところに、Patagoniaの正規店でシンプルな黒のニット帽を見つけました。


さりげなくワンポイントにPatagoniaのロゴがついています。金額は税込4,620円。

正直、ユニクロや無印だとこの半額位で買えると思いますが、頻繁に買い替えるものではありませんし、身に着けるものは気分が上がるものが良いと思い、こちらを購入しました。これからガンガン活用しようと思います。

Super Pluma Jacketの買い替え先候補

今回修理したSuper Pluma Jacketが完全に使えなくなった場合の候補先として、同じくPatagoniaのトリオレットジャケットとカルサイトジャケットを試着しました。

上記2つのジャケットの違いはシェルの層数。トリオレットジャケットは3層構造、カルサイトジャケットが2層構造です。試着した結果、カルサイトジャケットがシャープなシルエット、軽量、そしてコスパが優れる点でいいかなぁと思いました。カラーはミニマリズム的にを考えて黒にしますね。

スペック的にはやはりトリオレットジャケットの方がいいのですが、登山に行く機会は激減してしまったのでタウンユースがメインとなり、2層構造のカルサイトジャケットで十分だと思いました。

もちろん、厳冬期のガチの登山をやる方やバイクに乗る方など、ハイスペックな防寒性が必要な方はトリオレットジャケットもおすすめです。

本当はすぐにでも購入したい気持ちですが、そこは我慢我慢・・・。

改めてPatagoniaが好きな理由を考えてみた


私のPatagonia愛用歴は12~3年になります。そんな私が今回、久しぶりにPatagoniaのサービス、商品を購入した上で、改めてPatagoniaが好きな理由を以下にまとめました。

・どことなくレトロで武骨なデザインが好き
・アフターサービスが充実している
・サスティナブルに力を入れている企業理念


他のアウトドアブランドでは、アークテリクスやノースフェイスなどがPatagoniaのライバルになるかと思います。

表現が難しいのですが、アークテリクスもノースフェイスもデザインは洗練されていてカッコいいのすが、私にとってはカッコ良すぎるんですよね。その点、Patagoniaはどことなくレトロで武骨な感じがで、背伸びすることなく、気軽に着ることができるような気がして好きなんですよ。

それと、今回のように何か製品に不具合や故障があった場合に親身に修理してもらえる点や企業としてリユース、リサイクルに力を入れている点が私は好きです。

今後もアウトドア製品はPatagoniaの製品を買っていくと思います。夏に向けてほしいPatagoniaアイテムがあるので購入したらレビューをしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる