【投資遍歴】ほろ苦い株式投資デビューから短期・長期投資の融合に行きつくまで

とっちゃん

こんにちは、とっちゃんです。

私が投資デビューしたのは2015年頃でした。資産を8割溶かしたことや多数の投資手法を試して失敗するなど、投資では遠回りをしてきた方だと思います。

今日は私のように投資で失敗、遠回りする人が少しでも減ってくれればという願いから私の投資遍歴を記事にしました。少しでもどなかたの参考になれば幸いです。

目次

2015年 ほろ苦い株式投資デビュー

私が初めて株式投資に手を出したのは恐らく2015年頃だったと思います。その当時、職場にガンホー株で数千万円儲けた先輩がいて「株ってすげぇー、俺も儲けたい!」と思ったことがきっかけです。

初めて買った株はオムロン(6645)でした。購入した理由は、自分の中でなんとなく企業イメージが良かったからという何とも浅はかな理由。

株価は6000円から4500円まで下がっていたので「ここでリバウンドしたら15万円の儲け!良いスーツ買えるやん♪」みたいなことを思い、株価4500円×100株=45万円投入しました。当時貯金が100万円位しかなかったので、相当無謀な投資ですよね。

案の定、下落トレンドは収まらず、株価は1000円ほど下がってしまい怖くなり損切しました。ですが、不幸にもこの3500円が株価の底・・・。ほろ苦い株式投資デビューとなりました。

テーマ株、仕手株&信用取引で資産の8割を溶かす

オムロン株で資産を10万溶かした後は「早くこの損失を取り返そう」とやっきになっていました。そこで思ったことは、「流行りのテーマ株や仕手株に乗ればすぐに損失取り返せるんちゃう?」ということでした。

当時流行っていたのは、フィンテックやVR、AI、ドローン、バイオ関連といった銘柄でした。私が取った行動は、ネットの掲示板で「明日の注目銘柄」といったように紹介されている銘柄を買うというものでした。

購入した株の中には稼げたものもありましたが、素人が買わされるのはだいたい高値圏、案の定、損失まみれでした。加えて、テーマ株や仕手株は場中の値動きが激しいため、仕事中にスマホで株価を何度もチェックしてしまい仕事も疎かになってしまうありさま。

出張に向かう新幹線の中の2時間の間に、VR銘柄100株で1日8万円損した日のことは今でも覚えています。また、負けが続くと「取り返さなければ!」とい焦りも出てきて、あげくには信用取引にも手を出しました。ご想像の通り、信用取引もうまくいくはずはなく、100万円の貯金はあっと言う間に20万円になり資産の8割を溶かしてしまいました。

当時、今の妻との結婚も考えていたので「これはアカン!」と思い、株式投資とは距離を置くことを決め、まじめに貯金することとしました。

2017年再デビュー「新高値ブレイク投資術」など様々な手法を試す

2017年頃、結婚式も終えて200万円ほど貯金ができたので、再び株式投資に戻ることにしました。今度は失敗したくないと思い、ガンホー株で大儲けした先輩に教えを乞いました。

その先輩が取り入れていた投資手法というのが「新高値ブレイク投資術」という投資法でした。「新高値ブレイク投資術」とは、簡単に言うと小型成長株が新高値を突破したタイミングでエントリーするという手法です。

理屈は、小型成長株が新高値をブレイクすると、株を売りたいと思う人がいなくなり、糸の切れた凧のように勢いよく上昇する。そのため1勝4敗でも、大きな1勝で利益を出せるというものです。実際にガンホー株で大儲けした先輩はこの方法で資産をさらに拡大させ、億り人の仲間入りをしていましたので、この手法が合う人もいるのは確かです。

ですが、200万ほどのタネ銭では小型株といっても幅広く銘柄分散をすることは難しく、また、私には小型の成長株を探すセンスやスクリーニングする楽しさは感じなかったため、この投資法は私には合いませんでした。

その他にも「低位株投資」や「板読み投資術」など様々の投資法試しましたが、私はどれも結果を出すことはできませんでした。

2017年末 運命の出会い「うねり取り」

「俺は株で儲けることは無理なのか・・・。」と思い始めていましたが、投資の勉強は止めず、多くの株式投資本を読み漁りました。その中で運命の1冊に出会うこととなります。

それが相場師朗さんの書かれた「株は技術だ!」という本でした。この本で紹介されている手法はいわゆる「うねり取り」と呼ばれる手法です。

「うねり取り」とは簡単に言うと、株は波のように上げ下げを繰り返す性質があり、その波の上げ下げにうまく乗り利益を出す手法。つまり利益を上昇トレンドでは買いで、下落トレンドでは空売りで利益を出すという手法です。

基本的に同じ銘柄の上下の波に乗る手法ですので必死に銘柄を探す必要もない上に、ファンダメンタル分析も必要しません。用いるのは移動平均線とローソク足、出来高などのテクニカル指標です。加えて、基本的に売買を行うのは、相場の寄付か終値のどちらかの1日1回。この手法であれば忙しいサラリーマンでも出来る手法だと思いました。

また、相場師朗さんは「相場チャート」といわれる月額5,000円(税別)で30年分の日経225とJPX400のバーチャル取引できるサービスを展開しています。本気で稼げるようになりたいと思ったので思い切って有料会員となり、1年ほど毎日バーチャル&実践の併用でうねり取りの練習を行いました。

そのおかげもあってチャートが読む精度が上がり、複数の得意銘柄で安定的に利益を出せるようになり、私に適した投資手法はこれだと思えるようになりました。今でも私はこの「うねり取り」の手法にてスイングトレードを行っています。

2020年夏 リベ大書籍「お金の大学」との出会い

もう1つの転機は、リベ大YouTubeで有名な両学長の書籍「お金の大学」との出会いです。2020年の夏に妻に「これ読んで」といって手渡されたのがきっかけです。

恥ずかしながら、この本に出会うまでインデックス投資については知りませんでした・・・。これまでの私は完全に短期投資一本でしたが、この本との出会いから長期インデックス投資の再現性の高さを知り、自身の投資に取り入れることにしました。

また、資産形成の基礎となる①貯める力、②稼ぐ力、③増やす力、④守る力、⑤使う力という5つの力を学べたことで、支出の最適化を図ることができました。妻の積み立てNISA、娘のジュニアNISA口座の開設に踏み切れたのも「お金の大学」のおかげです。

そして、この本をきっかけにリベ大YouTubeを見ることが日課となり、その動画の中でサイドFIREという存在を知り、私はサイドFIREを目指そうと決めました。

2021年冬 高橋ダンさんとの出会いにより短期、長期投資の融合へ

相場師朗さんからは短期投資(スイングトレード)を、両学長からは長期投資の長期投資(インデックス投資、高配当株投資)を学びました。

そこで私は「長期投資で安定した利益を確保しつつ、スイングでもっと稼げたらよくないか?」という考えに至りました。

ですが、長期投資と短期投資をどの程度の割合で運用していきのが良いのか?という答えが見つかりませんでした。そんな時に答えを教えてくれたのが、高橋ダンさんの「お金の増やし方」という本です。

実は、高橋ダンさんを知ったのは、中田敦彦YouTube大学の「お金の増やし方」の要約動画です。その動画の中で「7~9割を長期投資で、3~1割を短期投資で運用する」という答えがそこにあったのです。

私は動画を見終わった後、すぐにKindle本を購入し一気に読み終えました。それからといもの、私は高橋ダンさんのファンになり、様々なETFやコモディティにも興味を持つようになりました。そして、私の朝のルーティンはリベ大と高橋ダンさんのYouTubeを見ることになりました。

的に行き着いたのが「投資資金のうち9割は長期投資(インデックス積立、高配当)で、1割をスイングトレードで」という方針でした。

まとめ

少し長くなってしまいましたが、まとめると以下が私の投資遍歴です。

・2015年、株式投資を始めたがテーマ株、仕手株&信用取引で資産の8割を溶かし退場。

・2017年、再び株式投資に戻る。「新高値ブレイク投資術」など様々な手法を試すも結果が出ず、株式投資で稼ぐことをあきらめかける。

・2017年末、運命の本「株は技術だ!」に出会い、スイングトレードで安定した利益を出せるようになる。

・2020年夏、リベ大書籍「お金の大学」に出会い、インデックス投資、高配当株投資、ジュニアNISA(娘)、積立NISA(妻)を始める。

・2021年冬、高橋ダンさんの本「お金の増やし方」に出会い、「投資資金のうち9割は長期投資(インデックス積立、高配当)で、1割をスイングトレードで」という方針が固まる。

私がこの記事を書こうと思ったのは、私のように投資で失敗をして遠回りする人が少しでも減ってくれればいいと思ったからです。

もし、今から投資を始める人が近くにいれば、インデックス投資から始めて、短期投資する余裕や興味が出てきたらバーチャルや少額で徐々に短期投資を始めることがいいんじゃないかと思っています。

少しでもこの記事が皆様の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる