【PayPay経済圏】ポイントUPの方法とおすすめのポイント活用法をご紹介!

とっちゃん

こんにちは、とっちゃんです。

経済圏として最も人気のあるのが「楽天経済圏」ですが、今勢いのある経済圏として私が注目しているのが「PayPay経済圏」です。私は「PayPay経済圏」をメインとし、「楽天経済圏」も併用しております。

今回の記事では、その「PayPay経済圏」の概要と「PayPay経済圏」で貯まるポイントのおすすめの使い方をご紹介いたします。

この記事を読んでわかること

・PayPay経済圏の概要

・PayPay経済圏のポイントUPをする方法

・PayPay経済圏で貯まるポイントのおすすめの使い方

目次

PayPay経済圏とは?

「楽天経済圏」をよく耳にする人が多いと思いますが、使用するサービスを楽天にまとめてしまうことで、楽天市場での買い物で得られるポイント還元率を上げることが出来ます。

この楽天経済圏のライバルにあたるのが「PayPay経済圏」になります。「ソフトバンク経済圏」や「ヤフー経済圏」と言われる方もいますが、この記事では「PayPay経済圏」と言うこととします。

楽天経済圏と同様に、様々なサービスをPayPay、ソフトバンク、ヤフー関連のサービスにまとめるとヤフーショッピングやPayPayモールでのポイント還元率を大幅に上げたり、PayPay支払いでのポイント還元率をUP(通常0.5%⇒最大1.5%)させることができます。以下に楽天経済圏とPayPay経済圏の各ジャンルごとのサービス事例を簡単にまとめました。

サービス楽天経済圏PayPay経済圏
ポイント楽天ポイントPayPayボーナス
Tポイント
スマホキャリア楽天モバイルSoftbank
Yモバイル
光回線楽天ひかりソフトバンク光
スマホ決済楽天PayPayPay
銀行楽天銀行PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)
クレジットカード楽天カードヤフーカード(今後PayPayカードが登場予定)
証券楽天証券PayPay証券(旧:One Tap Buy)
SBI証券(Tポイント利用可能、Yahoo! IDでログイン可)
SBIネオモバイル証券(Tポイント利用可能)
旅行楽天トラベルYahoo!トラベル
フリマアプリラクマPayPayフリマ
ヤフオク
電子書籍楽天koboebookjapan

この他にもサービスはございますが、ざっと上に挙げただけでも多くの類似サービスを取り扱っており、両経済圏はしのぎを削っています。

以前はPayPay経済圏のサービスの名称はバラバラだったんですが、最近ではPayPayを冠するサービスへの名称変更が続いており、私は今後のPayPay経済圏のサービス拡充や各サービスのシナジー効果に期待しています。

PayPay経済圏の始め方

楽天経済圏では楽天カードを作って、楽天銀行や楽天証券で口座を作って・・・といったようにハードルが少しありますが、PayPay経済圏の始め方は非常に簡単です。

PayPay経済圏の始めるための3つのステップ

①PayPayとYahoo!アカウントを連携する(マスト)

②Yahoo!ジャパンカードを発行する(ベター)

③スマホをSoftbank or Y!モバイルにする(ベター)

上記3つのステップを踏むことでPayPay経済圏でのポイント還元率を大幅にUPさせることができます。

①PayPayとYahoo!アカウントを連携する(マスト)

PayPay経済圏ではPayPayボーナスというポイントが付与されるのですが、そのポイントを受け取るためにはPayPayアプリとYahoo! JAPAN IDを発行して連携させる必要があります。

加えて、PayPayアプリとYahoo!アカウントを連携するだけで、PayPayモールでの買い物のポイント還元率+2%を獲得できるため必須の作業となります。

②Yahoo!ジャパンカードを発行する(ベター)

Yahoo!ジャパンカードはPayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードである上、Yahoo!ショッピングでの支払いに利用すると通常ポイント還元率1%が3%にUPするPayPay経済圏と相性の良いクレジットカードです。

以下にYahoo!ジャパンカードの概要を記載しておりますが、年会費無料ですのでPayPay経済圏を利用される方は発行しておいて損はないカードだと思います。

年会費永年無料
国際ブランドVisa, Mastercard, JCB
家族カード年会費無料
ポイント還元率1%(Yahoo!ショッピングでの利用で3%)

③ スマホをSoftbank or Y!モバイルにする(ベター)

スマホをSoftbank or Y!モバイルにするにすることで、月額税込508円が必要なYahoo!プレミアム会員の資格を無料で得ることができます。

Yahoo!プレミアム会員になるとPayPayモール、Yahoo!ショッピングでのポイント還元率+2%が得られる上、様々な会員特典を得ることができます。Yahoo!プレミアム会員の特典詳細はこちらのリンクをご参照ください。

スマホキャリア特典
Softbank・Yahoo!プレミアム会員資格
・日曜日のPayPayモール、Yahoo!ショッピングのポイント還元率が+5%⇒10%へUP
Yモバイル ・Yahoo!プレミアム会員資格
・「Enjoyパック(月額税込550円)」に加入すると、PayPayモール、Yahoo!ショッピングの500円OFFクーポンとポイント還元率+5%が付与

私は価格面からYモバイルを選択しています。Yモバイルはソフトバンク回線を使用しているため、混雑しやすい時間帯でも安定した速度を期待できます。事実、不便を感じたことはありません。ですので、私はYモバイルを選択しておけば間違いないかと考えいています。

私が楽天経済圏ではなく、PayPay経済圏をメインとした理由はYモバイルの存在が大きいです。

新型コロナウイルスで出張に行けなくなる前は、よく地方に出張行くことが多かったので、安価ながら安定したソフトバンク回線を使用できるYモバイルに魅力を感じました。

メインの経済圏を選ぶ際はスマホキャリアを軸に選ぶことになると思うので私はPayPay経済圏をメインとしました。

PayPay経済圏でのECサイト・支払い方法によるポイント還元率まとめ

PayPay経済圏で貯まるポイントは以下の2つです。

①PayPayボーナス
②Tポイント

楽天経済圏に対して貯まるポイントの種類や、使用するECサイト、支払い方法によってポイント還元率が変わったりと非常に複雑になっています。以下にポイント還元の体系図を作成しましたのでご確認下さい。

※2021年10月1日以降、PayPayモール、Yahoo!ショッピングでのPayPay残高払いによるポイント還元率は1%⇒0.5%に変更

PayPayステップと呼ばれるポイントUPプログラムや特定日でのポイントUPが用意されています。また、各種ポイントUP方法にポイント付与上限が定められており、かなり複雑ですね。

以下ではポイント還元率UPの方法をもう少し詳しく説明いたします。

PayPayステップの詳細

上記表に出てくるPayPayステップですが、具体的に何をすればポイントUPを受けることが出来るのかを一覧表にまとめました。

まず①PayPay支払いの「PayPayにて300円以上の支払いを30回以上かつ、合計5万円以上の支払い」という達成条件はPayPayヘビーユーザーである私でも厳しいです・・・。ですので、①は「達成できればいいなぁ」くらいの気持ちで考えています。

②対象サービス3サービス利用についても、PayPayモールやYahoo!ショッピングは毎月必ず利用しますが、その他のサービスは正直あまり利用していないので、私はこれも達成できない月も多いです。

③のYahoo!プレミアム会員はSoftbank、Yモバイルユーザーであれば無料で資格を獲得できるので緩いと思います。私はYモバイルユーザーですので資格保有者です。Yahoo!プレミアム会員の詳細はこちらのリンクを参照ください。

PayPayステップではECサイトでのポイント還元率UPだけでなく、全て達成するとPayPay加盟店でのPayPayでのスマホ決済でも通常0.5%⇒最大1.5%まで上げることができます。

特定日のポイントUP

楽天経済圏と同様に特定の曜日・日付にポイントUPを行っています。そちらも一覧表にしました。

Softbankキャリアユーザーであれば日曜日のPayPayモール、Yahoo!ショッピングでのお買い物の際に通常+5%のところ10%までUPします。この日曜日ポイントUPはキャンペーンエントリー必須であることととポイント獲得上限が1000円となっているのでご注意下さい。

また、5のつく日(毎月5日、15日、25日)且つPayPayモールアプリあるいはYahoo!ショッピングアプリで買い物すると合計+4.5%のポイント還元を受けることができます。 これらのポイントUPもキャンペーンエントリー必須であることととポイント獲得上限が1000円となっているのでご注意下さい。

「日曜日」と「5のつく日」が重なるタイミングではどちらのポイントUPの恩恵も受けることができるので、私は忘れないようにGoogleカレンダーに登録するようにしていますw

通信系サービス加入によるポイントUP

さらに通信系サービスの加入によるポイントUPもあります。「Enjoyパック」については重複しますが、詳細を以下にまとめました。

我が家の場合は、光回線はSoftbank光、スマホ回線はY!mobileを使用しておりますが、Yahoo!BBプレミアム会員は非加入、Enjoyパックには加入しています。

Yahoo!BBプレミアム会員になると、通常50GBのデータバックアップサービスが容量無制限になったり、Bリーグ(バスケットプロリーグ)やプロ野球パ・リーグが見放題といった特典がありますが、私はこれらのサービスに必要性を感じなかったことと、ポイント還元を受けるには毎回キャンペーンにエントリーする必要があり、還元を受け忘れる心配があるので加入していません。Yahoo!BBプレミアム会員の詳細はこちらのリンクをご確認下さい。

特にY!mobileユーザー向けのEnjoyパックは500円オフのクーポンが付帯しますので、実質50円でEnjoyパックに加入できますので、月1回でもPayPayモールやYahoo!ショッピングを利用する方であれば、十分に元は取れると思います。Enjoyパックの詳細はこちらのリンクをご参照ください。

おすすめのポイント活用法

得られたポイントは通常の買い物に使っても良いとは思いますが、私としては、さらにそのポイントを増やすいわゆる「ポイント投資」に使った方がいいと考えています。

さて、ここからPayPay経済圏で貯まる①PayPayボーナスと②Tポイントのおすすめの活用方法をご紹介します。

PayPayボーナス運用

PayPayでは証券口座を持っていなくても、付与されるPayPayボーナスを運用に回すサービスがあります。方法はいたって簡単でPayPayアプリの中にある「ボーナス運用」をタップし設定するだけです。

投資対象は以下の2つ。どちらも多くのインデックス投資家に愛されるアメリカを代表する企業500社に連動するS&P500に連動しています。

引用:PayPay株式会社HP

私はポイントは「おまけでもらったもの」と思っていますので、よりリスクをとったチャレンジコースを選択しています。実際に2021年の3月から運用開始しており、運用成績はご覧の通りです。

2021年2月頃からPayPayボーナス運用を開始してから2021年9月30日時点のトータルリターンは+14.57%(+6,355円)となっています。ポイントがここまで膨れると嬉しいですよね。

もちろん運用で増えたポイントはPayPay残高として使用可能です。ぜひPayPay経済圏を利用されている方はボーナス運用をされてみてはと思います。

TポイントはSBIネオモバイル証券で日本の高配当株へ投資

PayPay経済圏で得られるTポイントは、ソフトバンク系列のSBI証券やSBIネオモバイル証券(以下ネオモバ)で使用することができます。

余談ですが、実はSBIは元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略でした。今はソフトバンクグループを離脱しておりますが、今でもソフトバンクとは関係があるようですね。

中でも私は、ネオモバでのTポイント活用をおすすめします。通常100株単位でしか日本株は購入できませんが、ネオモバでは1株から購入ができます。また毎月220円(税込)のサービス利用料が発生しますが200Tポイントがもらえる上、月間の株式の購入金額が50万円までは買付手数料無料なので手数料を抑えて投資に挑戦できます。

以下がネオモバの株式購入画面なのですが、Tポイントの利用のチェック欄が出てくるので期限までにTポイントを使い忘れることも防ぐことが出来ると思います。

私はヤフーショッピングでもらえるTポイントやクレジットカードの手に入るTポイントをほぼ全て高配当株の購入に充てています。ネオモバの詳細や私の活用方法は別の記事にしておりますので興味がある方は読んでみてください。

まとめ

経済圏といえば、楽天経済圏が最も人気がありますが、PayPay経済圏も楽天経済圏に迫る勢いでサービスを拡充して上、比較的容易に始めることが可能です。

さらに上記で紹介したように、ポイントの使い道にも困らないと思いますので、SoftbankやYモバイルユーザーの方はメインの経済圏として、楽天経済圏をメインとしている方もサブとしてPayPay経済圏を始めてみるのは良いかと思います。

今後、PayPay経済圏のサービスの追加や改定がありましたら、都度、記事を更新していこうと思っています。最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる